ガーナでスマイル☆


ガーナでは協力隊員、日本では地元宮城@石巻で小学校教員、今はバンコクで小学校の先生をしています。今の私があるのも、ガーナでの経験があったからこそ。タイトルはそのままにしておきます(*^_^*)
by meke7424
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

今週は“Make10”!!!

長い長い1週間が終わりました~!

というのも,7月末以来,たいして授業もしておらず,今週が実質の活動再開!だったので,久しぶりの学校,子どもたち,そして,授業にだいぶハードな1週間でした…(^^;)

さて,今学期はどんな作戦でいこうか…悩みに悩んで…(>_<)

1週間に一度行っただけでは,大した効果が望めないし,第一,ガーナの先生たちが“計算力が低い!“という現状を理解していないというか,見て見ぬふりというか,現状に満足?これ以上のことを望んでいないようにも思えるので,”授業のスキルアップ“や”計算力向上“など,ハードルが高いように思えて…。

ま,でも,逆に考えると,レベルが低い分,ちょっと何か仕掛けをすれば,一気にレベルアップが期待できる!気もするんですけどね~(>_<)…あと,ちょっとのところなのに…。何かが惜しい…気がするのが,すごくガーナらしい。

そんなわけで,悩んでも悩んでも,答えは簡単には出てこないので(^^;)
とりあえず,(いつものことですが)思ったことをやってみることにしました!

今学期の作戦は“Game&Give”(こういうとカッコイイですが…)
ガーナの先生が食いつこうが,つかまいが,とりあえず,教師主導の授業を一新すべく,子どもたちが楽しみながら学べる“Game的要素”の学習を取り入れること!と,その授業で使った教材やポスターを,そのまま残していく“Give”あげる!ことにしてみました。

今までの経験上,先生が食いついてくるケースは,本当に稀なのですが,目の前でその教材を使った授業をすれば,ガーナの先生も,自分がする時のイメージがしやすいだろうし,子どもたちが盛り上がる様子が分かれば,ちょっとは“やってみよう!”という気にはならないだろうかー!!!なって欲しいー!!!が,今回の切実なねらいです(>_<)/

今学期,新しく行く学校もあって,気持ちがフレッシュなうちに(^^;)ちらっとご紹介♪

☆Saforo(サフォロ)D/A Primary
ここは今回の中では,最も遠く,小さな村の学校です。今まで行った学校よりも校舎が簡素で,セメントを重ねただけの壁に屋根があるだけで,足場も土だし,風が吹けば,小枝や葉っぱ,砂埃も入ってくるという状況。
f0204698_7544974.jpg

f0204698_7553429.jpg


☆革靴でPE(体育)!?
でも,いいのは校庭(草は茂ってるけど)あること♪この日は,ガーナの学校ではほとんど見られないPhysical Education(体育)をやっているのはいいんだけど,先生がスラックスに革靴のまま,サッカーをしていました!着替えたらいいのに…??
f0204698_7562257.jpg


☆Mamfe(マンフェ)Methodist Primary
ここは,まぁまぁ先生方がしっかりしていて,算数の授業で,このようなビンのふたを教材にして使っていました!しかも,グループワークにしているし,期待大!!
f0204698_7573739.jpg

f0204698_759425.jpg

 
☆Amanokrom(アマノクロム)Presby Primary
ここは,1クラスの人数が多い!40~50人いて,先生もコントロールできてないカンジ。しかも,Training Teacherとよばれる教員養成校からの実習生が来ていて,そうなると,いいのか悪いのか,担任の先生は,彼らに授業を任せ,何をしていることやら…??
f0204698_80224.jpg


担任の先生の机の上。ガーナでは,教科書もノートも学校に置いていくので,棚がある学校はそこに,それ以外は,このように,先生の机の上に,こうして山積みになります。
f0204698_811381.jpg


☆Amanfrom(アマンフロ)D/A Primary
 ここは,先学期も行っていたのですが,今学期になって,なんと!ガーナではほとんど見られない“遊具”が新設されていました!校長先生に聞いたら“遊具があれば,子どもたちは毎日,学校に来るだろう”…深い…ガーナの教育の問題が見えた気がしました。
f0204698_821724.jpg


☆今週のターゲットはP3でMake10”
日本でいえば,小学1年生の1学期にやる内容ですが,ガーナでは,3年生でも,中には4年生でも“10までのたし算”が言えません。指が10本あって,5本と5本で“10”となりそうなものなのですが,数の量感と数字が結びついていないので???なのです。
f0204698_832130.jpg


もちろん,中には,簡単すぎる子もいるのですが,“全員ができる”ことをねらうと,P3(小学3年生)でも十分な内容。今回の“Game”は“3と,あといくつで10?”で,カルタ的に,答えとなるカードを取るようにしました。“Give”はこの1~9までのカード。フラッシュカード的に,一人一人に“あといくつで10”を言わせる。毎日,5分でいいからやってくれたら,いいんだけどなぁ。もちろん,強くオススメしてきましたけど!!

☆Happyなことに(*^_^*)
Okrakwadwo(オクラクワジョ)Presby Primaryで,この授業をした後,担任の先生がそのまま算数の授業をしたのですが,“Madamの教えてくれたことは,とても大事だ!”と,すぐに応用してくれて,たし算の筆算の授業に活用してくれました!!こんなことは初めてで,ほんとに嬉しかったです(*^_^*)♪
f0204698_84208.jpg


こんな嬉しいこともあれば,教材をあげても,すぐに机にしまってしまう先生もいましたが,とりあえずは,やるっきゃない!!来週のターゲットはP4(小学4年生)。1週間に8校,多くて10lesson(1日平均2校)の今学期はなか2Hard workerです(^^;)

ま,日本でのときに比べたら,ぜんぜんですけどね…。やったるぞーーー(^_-)/
[PR]

by meke7424 | 2010-10-16 08:13
<< ガーナ布のお話 ChurchへGo!!! >>