ガーナでスマイル☆


ガーナでは協力隊員、日本では地元宮城@石巻で小学校教員、今はバンコクで小学校の先生をしています。今の私があるのも、ガーナでの経験があったからこそ。タイトルはそのままにしておきます(*^_^*)
by meke7424
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ママルースFamily☆

先週の土日には,Host familyのママルースおばあちゃんの親戚一同が集まりました。

なぜかといえば,残念にも,昨年,10人いる娘&息子のうちの一人が病気で亡くなり,日本でいう一周忌のようなものが行われたのです。

まず,ガーナでもお葬式はあるのですが,一周忌の法要のようなものもあることは,初めて知りました。

しかも,日本と違うのは,“一年を祝う”ということ。キリスト教のことが詳しく分からないので,何とも言えないのですが,通常なら,お葬式には“黒の衣服”を身に付けます。しかし,今回は結婚式やお祝いの席に着る“白の衣服”で皆集まっていました。

☆ガーナの民族衣装“お祝い用(男性)”
 モデル?はママルースおばあちゃんの弟さん。このような正式の会や催しには,男性はこうして布を巻いた衣装で来るのが伝統です。
f0204698_7522872.jpg


☆ガーナの民族衣装“お祝い用(女性)”
 女性の場合は,いわゆる,マダムドレスが主流。もっと伝統的になると,“ケンテ”という伝統的織物の布で作られたドレスになりますが,“ケンテ”は高値なので,今はこうした“プリント布地”で,ドレスを作っています。
f0204698_753578.jpg


☆テントとイス
 が,ガーナでは何かの催し,今回のように人がたくさん集まるような時には,必ず借り出されます。もっと大きなイベントになると,大音量のスピーカーがプラスされます(音楽をガンガンかけて,みんなで踊るため!お葬式でも踊ります。)なので,テントやイスなどのレンタル屋さんは大繁盛していると思われる…。テントの後ろが我が家です。
f0204698_7534449.jpg


☆Woman’s choir
 日曜日,ママルースFamilyとともに教会に行った後,その流れで教会の女性聖歌隊?らしき人たちがママルースを囲んで,賛美歌&お祈りをしてくれていました。…というより,右側でポーズをとる近所のおばあちゃんがカワイイ♪んです!!
f0204698_7552620.jpg


☆ママルースFamily!?
 10人も娘&息子がいると,その親戚筋も膨大なわけで, “私はママルースの孫なの”(本当か!?)といっていた人の中に,先ターム行っていた学校の先生がいたりしてビックリ!!たとえ,従兄弟にあたる人の“孫”でも,“孫”というので,だれがだれだか?…たいした会話もできませんが,同居させていただいている者として,挨拶がてら“思い出(カメラ)係”をすることにしました。
f0204698_756685.jpg


☆ママルースおばあちゃんと孫たち
 アクラに住んでいる一番下の息子さんの子ども,エロン(小2)とシェリー(小1)。ママルースもこのように“お祝い”を意味する“白い衣装”をまとっています。でも,やはり,当の本人は“お祝い”という気分になれないもの…と思うのですが。
f0204698_7564942.jpg


☆Jollof rice(ジョロフライス)
 おもてなし料理の一つ。第一位は“Fufu(フフ)”なのですが,Jollof は第2位にランクインするでしょうね。お餅をつくようなFufuは大勢だと量産できないので,そんなときはこのようなご飯ものがお祝いの席ではよく出されます。今日はBeefつき!豪華!
f0204698_7573531.jpg


☆ママルースFamilyと一緒に♪
 私も初めて会った人もたくさん!ママルースおばあちゃんにとっても,一家がそろうことなんて,めったにないだろうから,私もJoinして家族写真に仲間入りしました(*^_^*)
f0204698_758960.jpg


日曜日の夜には,たくさんのお客さん,ママルースの娘&息子一同も皆帰ったので,いつもの我が家に戻りました(^^;)

一時は人が多すぎて,しかも,お祈りが始まってしまって,自分の部屋に監禁状態!?で,アクラに避難しようか…とも思いましたが,お世話になっているママルースおばあちゃんの家族や親戚に会えてよかったな~と思った一日でした(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-01-21 08:00
<< Me pe(メペ)フルーツ☆ 2nd term start!!! >>