ガーナでスマイル☆


ガーナでは協力隊員、日本では地元宮城@石巻で小学校教員、今はバンコクで小学校の先生をしています。今の私があるのも、ガーナでの経験があったからこそ。タイトルはそのままにしておきます(*^_^*)
by meke7424
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

カテゴリ:未分類( 163 )


被災地の皆様へ

3月11日の宮城県三陸沖を震源とした大地震で,被害にあわれた皆様に心よりお見舞い申し上げるとともに、犠牲になられた方々とご遺族の皆様に対し、深くお悔やみを申し上げます。

ガーナでもテレビのニュースで大きく報道され,私も家族,友人,同僚,教え子たち,保護者の皆様をはじめ,たくさんの方々のご無事を心より祈るばかりです。

どうかどうかみんな無事でありますように。
[PR]

by meke7424 | 2011-03-13 10:06

Final workshop in Akropong☆

ガーナ出発まで,あと14日(お,ちょうど2週間か!)
任地Adukromにいられるのもあと1週間となってバタバタしてますねーー活動は一段落したものの,写真を整理したり,お世話になった学校&人にあいさつに行ったり…でも,事前に伝えていても出かけていなかったり,最後の授業しようと思ったら…

そういえば,昨日から,ガーナの先生たちのストが始まっちゃいました(>_<)
帰国前なのにー!帰ってからやってほしかった…。どうやら,ガーナの物価が上がっているのに対し,先生たちの給料は下がったらしく,学校行っても授業をしない…町ではプラカードみたいなのを持ってデモ行進する…みたいな(>_<)

しかも,明日の独立記念日(3/6)に合わせてるみたいでーーー
ガーナでは,独立記念日には学校ごとにMarching(行進)を披露して,どこが一番イイが競う?みたいなことをやるのですが,今年は先生たちはどうやらボイコット!?子どもたちだけが来てやるらしいです…やれるのか??私も,この機会に先生たちに,帰国のあいさつをしようと思っていたのに…ちょっと残念です。

さぁて,どうなるか!?詳しくは,また次回お伝えします(*^_^*)

今回は先週行われた,Oliviaおばちゃん主催のワークショップ,私にとっては最後のワークショップ☆の様子を紹介しまっす♪

①Oliviaおばちゃん“electricity”
電気のしくみを教えるのに,ガーナにあるいろんな物をかき集めて,教材を作ってやらてみよう!!おもしろいよ!!そんな講義&グループワークでした。
f0204698_2056690.jpg


②教材は“廃材”を利用する!
写真ではよく分からないかもしれないけど,豆電球の代わりにスピーカーの部品を使ったり,電化製品からレジスター(抵抗器)を抜き取って使ったり,今日もおばちゃんははりきってます!!
f0204698_2057568.jpg


③同僚もJoin☆
いつも忙しくしている教育事務所の人たちですが,その日は二人も見学に駆けつけてくれ,一人のおじちゃんは“教育事務所も先生たちの声を聞いて,理数科をもっと向上させたいので,一緒に頑張ろう!”みたいな(たぶん…)スピーチをしてくれました!
f0204698_20575149.jpg


④Area(面積)を求めるLesson!
これはまさにJapanese style lesson!日本だと,たしか葉っぱの面積を求めよう…みたいなのが教科書に載っていたように思いますが。ここでは,自分の手のひらの面積を求める。いわゆる,いろんな考え方で一つの答えを導き出すのが算数!その考え方をみんなでシェアして,どれが最も効率的なのか追究していくおもしろさも算数!
f0204698_22362876.jpg


⑤Madam Salome(サロメ)
上の写真にもあるように,ガーナの先生たちもいろんな考え方を出して,おもしろかったです☆グループ同士,“あれがいい”だの,“あれはちがう”だの。そうやって,みんなで学んでいくことも大切だと,彼女は話してくれました!I hope so!
f0204698_22371031.jpg


⑥おなじみストロー多面体
ペットボトルの次はコレか…自分のできるネタが限られているので,今日も持ちネタでいきます!
f0204698_2238667.jpg


ガーナの先生たちもコツさえ分かれば,簡単に作れる教材なので,真剣です☆
f0204698_22484623.jpg


”できあがりー♪”ってなカンジで。先生たちなのに,子どものようなはしゃぎっぷりなところが,ガーナ人の純粋さを感じます(*^_^*)
f0204698_2240103.jpg


⑦Akropong teachers!!!
配属先の教育事務所管轄の中では中心となるAkropong(アクロポン)地域の先生たち。彼らは時間もちゃんと守って来るし,質問も多くて,なかなかの“やる気”を感じました!私はもう帰るけど,このおばちゃんがこうしてワークショップを続けてくれれば,もっともっと理数科の授業はよくなるんじゃないか!と期待できる気がする一日でした。
f0204698_2241476.jpg


⑧Special guest?!
会場が理科室っぽい教室だったのですが,なぜか,水道(どーせ,水が出ないから使われていない…)のところにニワトリが!?しかも,ワークショップ中の約2時間,一言も鳴くことなく,まったく!気づかなかった(^^;)たまごもあるし???ちょっと後片付けをしていたら,もうニワトリさんは跡形もなく…先生が買ってきた?飼っている?食べる?…でも,なぜにココに??(*^_^*)
f0204698_22415197.jpg


とりあえず,2月いっぱい続いたワークショップもこれにて終了!英語でうまく伝えられなくて,先生方には申し訳なかったけど,Oliviaおばちゃんがその都度helpしてくれたので,なんとか無事に終了することができました!よかった2(^_-)/

任地にいられるのも,あと1週間!最後は近くの学校で,お得意のペットボトルを飛ばしまくって(笑)こよう!と思ってます…

が,スト解除?になるのか…どうか。ま,先生いなくても飛ばしちゃえーーー(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-03-05 22:49

おばちゃんちへGo!!!

最近話題の?Science coordinator,Aunt Oliviaおばちゃん(^^;)
Big madamだし,遅刻しても悪びれもせず笑ってるし,よく食べるし,でも,理科オタク?で,一度話し始めると,なっかなか終わらない…でも,ガーナの先生のために,なんとか自分の持っている知識を伝えたい!!!そんな熱い気持ちは伝わってくる人なので,一緒に仕事をするには大切な存在です(*^_^*)

さて,ワークショップの後,“I invite you!”とおばちゃん。疲れていたので帰ろうと思っていたけど,これから。なかなか行く機会もないので,行ってみることにしました☆

とはいえ,おばちゃんはガーナでいえば,お金持ちです☆
なぜなら,だんなさんがDoctor!病院の敷地内の宿舎みたいなところに住んでいて,自家用車が2台あり,おばちゃん自身が運転します。この地域では女の人が運転するのは,ほんと稀!

今日はだんなさんの病院にゲストが来ているらしく,その方々へのごはんを作る係なのか(私の予想では,出しゃばりなので(笑)“私がやる!”と言ったのではないか,と思われる…)私もそのごはんにお呼ばれしちゃったわけです♪

①今日のランチ
ガーナの赤飯?“Wakye(ワチェ)”です。今日はSpecial☆魚もチキンもついて,おばちゃん特製のシト(ガーナの魚ベースの辛み調味料?)とシチュー(トマトベースのピリ辛ソース)と,それもダブルのせ!で,超豪華ワチェをいただきました!
f0204698_2122044.jpg


②Wakye(ワチェ)の鍋
ゲスト20人分ぐらいは作りたいらしく,大きな鍋でWakyeを炊いていました。日本の赤飯よりは色が濃いのかな?豆の量が,ごはんと半々ぐらいなのかもしれない。Red beansという豆を一緒に炊きます。
f0204698_213816.jpg


③おばちゃん!Wakyeを食べる!
おなじみ(^^;)オリビアおばちゃんです!カメラを向けられて照れていますが,豪快に手で食べます!ガーナはごはんでも何でも,手,しかも右手で食べます。
f0204698_2134838.jpg


④アポンチン(ヤギ)
町を歩けば,野良ヤギ,羊,ニワトリなど…日常茶飯事ですが,おばちゃんちでは小さな小屋に飼っていました。こんなにカワイイのに…(>_<)
f0204698_2142512.jpg


⑤Kwami(中2)
おばちゃんの息子,Kwami(クワミ)!スゴイ!ガーナ人がテレビゲームをしているのを初めて見ました!さすがお金持ち!そして,中学生でこれだけBigなのもお金持ちの証☆すでに風貌がちっちゃいおっちゃんです(^^;)
f0204698_2153271.jpg


⑥Nana(年長)
おばちゃんの娘,Nana(ナナ)♪家のリビングにガーナカラーのズラ?があったので,一緒にかぶってみました(^^;)こういう派手なのは,やっぱりガーナ人が似合う…ね(^^;)
f0204698_2161925.jpg


⑦ガーナ式ガスコンロ?
ガーナの主流はチャコールポット(炭鉢みたいなの)なのですが,この家ではガスを使っています。が,ご注目!コンロになっている部分は,タイヤのホイールの廃材です!ガーナ!Wa ya die(現地語の褒め言葉☆)!こういう工夫は頭が下がりますね!
f0204698_220317.jpg


⑧なんと夕食まで…(^^;)
“夜,車で送っていくから,夕飯も食べて行きなさい!”その太っ腹☆に甘えて,夕飯もいただいていくことにしました。夕飯のメニューは,おなじみAmpesi(アンペシ)withントロワシチュー(ガーナの白いナスベースのソース)☆このお鍋は,そのントロワシチューをぐつぐつ煮込んでいるところです!うまそーーー(*^_^*)
f0204698_2223289.jpg


⑨ありがとう!おばちゃん!
なんだかんだ言っても,いっつも笑ってて,やることが豪快で,そして,懐がデカい!こうして,客人をめいっぱいもてなしてくれる!これもガーナの素敵な文化です(*^_^*)
f0204698_224532.jpg


⑩Ampesi with ントロワシチュー
白いのはヤムいも,黄色いのはプランテー。ントロワは日本にはないテイストのちょっと苦みのあるナスです。それにいつものトマト,たまねぎ,ぺぺ,そしてパームオイルと塩っけのある小魚で,油ったぷりだけど,マイルドなお味が最近のお気に入り☆
f0204698_2253970.jpg


さて,今週も終わり…Aunt Olivia プレゼンツ!?のワークショップも昨日でなんとか終わり,来週からは今まで行った学校にあいさつに行ったり,私も思う存分,写真を撮ったり…と,どこまでできるか?!Thanks☆weekに突入します(*^_^*)

By the way☆ 弟のテレビ放映に,感想を寄せてくれた皆様!ありがとうございました!
作品等をご覧になりたい方は,こちらのカフェ↓↓↓に展示されているようなので,ぜひ行ってみてください♪

 南町通りカフェ Brother's Cafe & Lounge
http://r.gnavi.co.jp/t307000/

 Cafe the Loving room 
http://www.the-loving-room.com/

 
[PR]

by meke7424 | 2011-02-26 02:29

ワークショップで巡回中♪その2

今週もワークショップで,1週間もあっという間に過ぎ去ってしまいました!早っ!

15日にAkropong(アクロポン),17日にAdukrom(アデュクロム),そして,昨日Okorase(オクラセ)&Tinkong(ティンコン)と巡回してきました!

毎日の問題は,Science coordinatorのあの例のおばちゃん,Anti Oliviaが遅刻してくること(>_<)んーもぅ!先生たちには9:00開始で連絡してあるのに,毎日,待ち合わせの教育事務所に9:30~10:00に出勤してきて,その後も,車が調達できなくて待ったりして,たいてい,10:30~11:00の開始…(>_<)

Anti Oliviaも毎回2,ワークショップの始まりに遅れてきた言い訳を話して,笑って雰囲気を和やかにして(日本だったら,絶対ひんしゅくもののはず…),そんな言うなら,もうちょっと早く来ればいいのに…と思うけど,彼女はこれでもBESTを尽くしているし,そして,待たされた先生方も,まぁ,おおらか?寛大?なのか,文句一つ言うわけでもなく…“Ghanaian time”のすごさを実感します(^^;)そして,ガーナ人もすごいょ(>_<)/

さて,今回はワークショップの詳細をご紹介☆

①酸素と二酸化炭素の発生実験
この2つの気体は,とても一般的で,先生たちでも理解していても,やはりその性質を目で見たことがない,確認したことがないのが実情。。。

そんなわけで,ガーナで手に入る簡単な材料でできる気体発生実験の紹介をしました。

まずは“酸素”!ガーナでも薬局で手に入る『オキシドール』と,マンガン電池の中身の『二酸化マンガン』で簡単にできますよー!とオススメします♪
f0204698_21403550.jpg


このブクブクいう泡が“酸素”です!と見せています。先生方も生まれて初めて見てます!このあと,試験管の中に,蚊取り線香を入れて,ボワっと大きく炎が出たり,ポンッという音が出れば,酸素の性質である助燃性を確認できるんだよー!というわけです。
f0204698_21413478.jpg


二酸化炭素は,日本のように薬品が簡単に手に入るわけではないので,『酢酸』とベーキングパウダーに含まれる『炭酸水素ナトリウム』で発生させます。その後,また蚊取り線香を入れると,二酸化炭素は助燃性がないので,火は消えてしまいます。この2つの分解実験を,先生方自身にやってもらいました!
f0204698_21421460.jpg


②熱気球
これはおなじみ,温かい空気が上に上がり,冷えた空気は下に下がりますよー!という事象を見せる実験です!同配属のK隊員が説明してくれています。フワ~っと上がるのは,なんとなく想像がつくそうなものだけど,ガーナの先生はやはり初めて見るので,大盛況!“ワォ”と声をあげて喜んでいました!
f0204698_2143220.jpg


③ペットボトルロケット
メインはココ!これだけは見せるだけではなくて,一緒に作り,学校に持ち帰って,授業で使ってもらう!のが最大の狙いです!!
f0204698_21435724.jpg


とにかく,理解する前にノートに書きたがるガーナの教育?まぁ,その分,「書け!」と言わなくても,すぐにペンをとる姿勢にはすごいなぁと思うのですが…。メモをとって,ぜひ,また作り,他の先生方にも広めてくれたらいいです(*^_^*)
f0204698_21443518.jpg


先生とはいえど,ハサミやカッターを頻繁に使う機会が少ないためか,なかなか上手に扱えません。カッターも刃を出し切って使うので,危なっかしくて2(>_<)でも,皆,真剣に作っていました。
f0204698_21452868.jpg


いよいよ!ロケット発射!
ペットボトルロケットは,後方に送り出した水と空気の運動量と等しい大きさの運動量を前方向きに得る…つまりペットボトルロケット は『作用・反作用の原理』と『運動量保存の法則』で飛んでいきます。強い空気圧がかかると,手で支えきれなって発射する前に離してしまったり,水が漏れてしまったりと,1回では上手く飛ばせない先生もいましたが,だれもがエキサイティングする実験としては,やはりウケがいいなぁ!と感じました☆
f0204698_21463043.jpg


④Okorase(オクラセ)&Tinkong(ティンコン)の先生たちと
f0204698_2147755.jpg


ワークショップ後の感想カードには,“おもしろかった”“たくさんのことを学んだ”と書いてありましたが,要は自分の授業で使ってくれるかどうかが大事!本当は任期中に,彼らの一人でも,私たちの紹介した教材を使って授業をしてくれ,それを見るのが“願い”ではあったけど…,残りの任期,ちょっと先生たちにプッシュしてみよう!と思っています。

来週もAnti Oliviaの勝手な(笑)企画で?また別のワークショップを行う予定です(^^;)

任地にいられるのも,あと3週間!忙しいけど,ガンバリマス(*^_^*)

By the way☆ 金属工芸作家の弟の宣伝をちょっとばかり…
2/23(水)のミヤギテレビ「OHバンデス」の”バンデス記者が行く”というコーナーで,弟の工房(…ま,そこ,実家なんですけどね)や作品が紹介されるそうです!
よかったら見てみてください♪ 私の分まで(^_^)v
[PR]

by meke7424 | 2011-02-19 21:56

Gold mine(金山)へGo!!!

忙しい2…と言いつつも,最後の思い出作りも着々と進行中…(^^;)

“GHANA”と言えば思い浮かぶのは,一番にチョコレートorカカオ,二番めには“Gold”でしょう!ガーナでは,金が今でも採掘されており,国の大事な収入源です。

というわけで,金の鉱山があるという,ガーナの真ん中らへんKumasi(クマシ)から南西方向に約1時間,Obuasi(オブアシ)という町に行ってきました☆

①Obuasi(オブアシ)のとあるround about(ロータリー)
やはり“金山”で成り立っている町なのでしょう。ロータリーの中心に,金を採掘している様子の像が建っていました。町自体も店も人の賑わいも多く,活気づいている感じ。
f0204698_5551649.jpg


②Anglo Gold Ashanti(アングロ ゴールド アシャンティ)
金を採掘している会社です。経営者は南アフリカだそうで,ガーナにある大きな企業はたいてい外国…南アフリカも多いし,中国も道路工事なり,輸入関係なり,幅を利かせています。これは,鉱山の入り口です。
f0204698_5561069.jpg


③完全装備!?
あまり情報無く行ったら,やはり,地下に潜る?らしく,鉱山見学なので,服装も一新,重装備に着替えます。上下のつなぎにヘルメットとヘッドライト☆行きはよいよい~♪…ちょっと,はしゃいじゃってますね(^^;)
f0204698_5565715.jpg


④完全装備2!?
同期のK隊員の完全装備をご参照あれ!上下のつなぎにヘルメット,長靴,斜め掛けにしている黒いカバンに見えるのは“酸素ボンベ”…万が一,地下で毒ガスなどが発生した場合に使うらしい!ヘッドライトもバッテリー付きのもので,かなりの重量感…上から下まで,いずれも重くて,押されたらひっくり返りそう…でした(^^;)
f0204698_557453.jpg


⑤いざ!地下へ!
これは地下へのエレベーター!これぞ,単なる鉄の箱が鎖につながれ,エレベーター上部の滑車で上下へ移動するという実にシンプルな造り…ちょっと怖い(>_<)
f0204698_5581592.jpg


⑥地下800mの世界へ
800m下に下りると,金の鉱石を運ぶと思われるトロッコのレールがいくつも敷かれていました。トンネルも四方八方に広がっていて,ガイドさんがいないと迷ってしまいます(>_<)
f0204698_5585629.jpg


⑦鉱山見学
普通に歩いていますが,地下800mも下にいて,空気や電気があることが不思議!よくよく見ると,トンネル上部にはいくつものパイプや鉄線が通っていて,おそらく,空気や水,電気などが制御されているのだろうと思います。
f0204698_5594191.jpg


⑧採掘現場
実は…ここは一瞬ヒヤッとした現場(>_<) 上から“ゴゴゴゴゴゴォー”という音が聞こえたかと思ったら,石が雪崩のように崩れてきて!ガイドのガーナ人も“run away!!!”…死ぬかと思いました(>_<)ここはガーナなので,粋な演出であるわけがない!!ま,通常の採掘方法なのでしょうが,たまたま,私たちのほうに少しだけ石が崩れてきただけだったみたいです…写真には写せませんでしたが,ここらへんの岩石をライトで照らすと,キラキラと光る微量の金が確認できました☆
f0204698_602058.jpg


⑨トロッコ出動
ここでは,トロッコで石が運ばれ,大きな穴に次々と落とされていました。説明がよく聞こえなかったけど,一度掘った穴を不用な岩石で埋めているようにも思いました。
f0204698_611451.jpg


⑩見学終了
ディズニーランドのアトラクションのように乗り物に乗りながら見学するのではないので,この表情から見ても一目瞭然…相当疲れました(>_<)2時間ほど,ひたすら歩き…しかもアップダウンもけっこうキツく,足下が泥地で思うように歩けないところもあったので,まぁ,無事に地上に帰ってこれてよかった!という感じでした(^^;)
f0204698_621347.jpg


来る前までは,“金ののべ棒”でも見れるのかな?とか,“金の鉱石”のかけらでも買えるのかな?と淡い期待を抱いていたけど,そんなものは全く無く!鉱石を採掘した後の工程はまったく別の精製工場で行われるらしく,そこまでは見学プランに入っていないということでした…残念!!

ま,これも“That’s GHANA”…見学は外国人向けのビジネスだろうし,あくまでも,お仕事の邪魔をしないように見学する(笑)…でも,なかなか見学できないGold mine tour☆いい思い出になりました(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-02-15 06:04

ワークショップで巡回中♪

早くも2月になってしまいました…。
ガーナにいれるのもあと40日…毎日が刻々と過ぎていって,何にもしなくても,なんだか忙しくて落ち着かないカンジですm(_ _)m

さて,そうは言っても,活動も終盤!!
最後は,配属先の教育事務所に協力してもらって,先生向けのワークショップをすることにしました。

これまでやってきて,“ウケがいい!”“ガーナ人でもできる!”と思った理科の実験や教材を紹介しようと思っています。

結局は“物が買えない”と言われてしまえば終わり…なのですが,少しでもインパクトがあって,おもしろい!と感じてもらえるものであれば,“自分でもやってくれるだろう!”…そんな願いを込めてのワークショップ!!!さぁて,どーなるか???

①BEACON SCHOOL
ここは,教育事務所の同僚の娘が通っている私立の学校。教育事務所の管轄外!?にもかかわらず,話の流れで?ワークショップをやる羽目になってしまった…ガーナ人は何でもOK!なので,こういう予定外の出来事が飛び込んでくることもしば2(>_<)
同配属のK隊員と,これから行うワークショップの予行練習なカンジで,算数の教材の“ストロー多面体”を紹介しました。
f0204698_436878.jpg


②さすが!私立!
ガーナの貧富の差の激しさ…を実感する学校。校長がオブロニ(白人)だし,先生たちも子どもたちも現地語は使わず,英語オンリー!でビビります(>_<)しかも,罰を与えるときに使う“ケーン(木の棒)”も一切使わないし,何より,先生たちに興味関心や意欲が感じられて,“貧富の差=教育の差”なのを感じた…難しい問題です。
f0204698_4371031.jpg


③ワークショップ第1回目☆
記念すべき第1回目は,教育事務所管轄の“Larteh(ラテ)”という地域にて。この地域の小中学校から1名ずつ来てもらっているが,今日来たのは,予定の26人中の13人…それでも,来てくれたことには感謝(*^_^*)おなじみ,ペットボトルロケットをそれぞれに作り,飛ばしている最中です♪
f0204698_4375723.jpg


④My wayなおばちゃん(*_*)
最近は,彼女に散々振り回されている…今日も一緒に行くはずが,開始時刻の9:00になっても来ず,結局来たのは私たちのワークショップが終わった11:30(しびれを切らして,自力で行ってしまっていた…)。それでも,“パンが発酵するのを待ってて遅れたのよー”…オイオイ!言い訳にもなってないでしょーが!?
こっちが怒り爆発寸前!にもかかわらず,話好きなおばちゃんは自慢の教材について語り始めてしまった…とほほ。彼女のおかげでこのワークショップができたとも言えるのだけど,このMy wayさには,どーしても慣れません(*_*)
f0204698_4383998.jpg


⑤第1回目無事終了☆
ワークショップ中もおばちゃんが来ていれば,写真を撮ってもらおう!と思っていたのに…今回は終了後みんなで撮った集合写真のみの紹介です(^^;)
f0204698_4391610.jpg


⑥Me pe Ghanaian foods papa~pa!!!
↑現地語でI like Ghanaian foods very much!!! Host familyに3月帰る(>_<)…となんとなく伝えたためか,“ガーナ食”を出してくれる率が高くなった!今までは3日に1回ぐらいだったのが,最近はほぼ毎日…早く帰ったりすると,昼も夜も出してくれるのです♪

“帰国プログラム(=日本へ帰るためのダイエット(^^;))”を進行せねば…と思っていた矢先だったけど,ま,いっか(*^_^*) 二度と食べれないガーナの家庭の味☆最後までおいしくいただいていこう!と思います♪

☆Ampesi(アンペシ)with コントムレ
Ampesi(アンペシ)は調理法を意味する言葉で,ヤムイモなりプランテーンなりをゆでたものを言います。今日のはヤムイモ♪それに,コントムレ(里芋の葉に似た葉っぱ)とトマト,たまねぎ,ぺぺ(トウガラシ)と魚を煮込んだソースをかけて食べるのです♪
f0204698_440460.jpg


☆Kokonte(ココンテ)with light soup
Kokonte(ココンテ)とは,キャッサバ(芋)を乾燥させた粉に水を入れて練ったもの。それに,ライトスープといって,チキンにおなじみのトマト,たまねぎ,ぺぺと一緒に煮込んだスープと一緒に食べる?飲み込むカンジですね~♪
f0204698_4404416.jpg


☆Krankron(クランコロン)with beans
Krankron(クランコロン)が正しい発音なのか?は不明だけど,ママルースおばあちゃんが最近よく作ってくれるものです♪熟したプランテーン(バナナに似たもの)にショウガ,ぺぺを練り込んで揚げたもので,ゆでたお豆と一緒に食べます。これは,甘さとちょっぴりの辛さが絶妙にマッチしていて美味しいのです(*^_^*)
f0204698_4413068.jpg


今日もワークショップの第2回☆Mampong(マンポン)という地域に行ってきまぁす♪
[PR]

by meke7424 | 2011-02-08 04:43

Japanese style lesson!!!

昨年8月,配属先の教育事務所から4人のガーナ人が,日本へ行きました。
これもJICAのプログラムの一つで,この夏1ヶ月間ほど,理科と算数の教え方や教材作りを学ぶため,日本の岡山大学に行ってきたのです。

そして,先日はその一人が,ガーナ人の先生向けにワークショップ(研修会)をする!というので参観しに行ってみました。

日本での研修は,授業作りや発問の仕方,グループワークの仕方など,ガーナ的手法をダメだしされながらのかなりハードな研修だったと聞いています(>_<)

でも,正直なところ,私としては,いくら日本に行って多くを学んだとしても,ガーナで再現するのは無理だろう…とか,結局は“ガーナには物(教材)がない,お金がない(教材を買うための)”と言われて終わりだろう…(>_<)とか思っていました。

しかし,彼らは違いました!ガーナの教育に問題はありつつも,日本の教育のよさをガーナでも取り入れよう!と,日本で学んで来たことを多くの先生に紹介し,一緒に考えていこう!という姿勢が感じられたのです。

今までたくさんの先生に会ってきたけど,英語がうまく伝わらないために,「日本の教育がガーナに必要か否か」というような話までできなかったこと,それと,今までの経験上,モチベーションの低い先生方が多かったため,すっかり,ガーナの先生に“できるはずがない”と決めつけるようになっていたのです…が!!!今日はそんな私が大間違い!!!

ガーナ人からガーナ人に伝えることで,いろいろな議論になりながらも,自分の学校で,どうやって授業をしていくか,真剣に考えていたのです。日本のやり方だけがベストではないのですが,やはり,ガーナの教育現場を知る人が日本へ行き,日本とガーナを比べて,“できること,やれること”を考え実践する→他の先生たちにも伝える→各学校でも実践してみる…ガーナの先生たちもまだまだ捨てたもんじゃない!と思いました(*^_^*)

それこそ,ガーナ人を見くびってしまっていた自分に,大反省ですm(_ _)m

①Mr Kofi(コフィ)
彼は教員養成校で先生をしています。はじめの挨拶がわりに,「日本の教育のよさ」について語ってくれました。普段,自分の語学レベルでは到底伝えきれないことを,すべて,しかも分かりやすく伝えてくれ,とても頼もしいものでした!
f0204698_415333.jpg


②Mr Kofiの話に耳を傾けるガーナ人教師
話の途中,何度も「(言っていることが)分かるか?」「質問があるか?」と,先生方の関心を惹き付けるように話すので,先生たちも積極的に彼の話に聞き入っていました。
f0204698_423482.jpg


③Mr Samuel(サムエル)
彼は小学校のP5の先生。Demonstration lessonということで,いわゆる模擬授業。「理科」の「どんな物質が電気を通すか否か」というトピックで,グループごとに実験し,結果をみんなで導き出していこう!という日本的な授業でした。
f0204698_43846.jpg


④グループワーク☆
これまた日本らしい(*^_^*)ガーナでは,実験はおろか,グループワークもほとんどありません!たとえ,グループにしても,“学び合い”というよりは,できる子が独り占めしてやるか,分かる子がすべて答えを教えてしまう…だからこそ,もっともっとグループワークの取り入れてほしいなぁ…とも思います。
f0204698_44584.jpg


⑤Ms Salome(サロメ)
彼女は今回のワークショップの起案者。彼女は小学校のP6の先生。彼女の模擬授業は「算数」の「面積の求め方」で,自分の手形の面積を求めよう!というもの。ガーナでは一人一人,課題が違う!なんてことはあり得ない!ことなので,いいとこに目をつけた!ナイス!と思いました(*^_^*)
f0204698_444634.jpg


⑥真剣に数えるガーナの先生
結局は研修会自体の時間が足りなくなってしまい,あとの展開は,説明のみになってしまいましたが,今回参加した先生の中にも,“こんなの無理だ”と言わずに,何かできそう!と感じ取ってくれた人は少なからずいたように思いました。
f0204698_452393.jpg


この1年7ヶ月…自分のやってきたことが,なかなかガーナ人に伝わらず,半ばあきらめかけていたけど,今日は“光”が見えた気がしました☆あと残りちょっとだけど,この先生たちと一緒に,Japanese styleをあきらめずに伝えていこう!と思います。
[PR]

by meke7424 | 2011-01-31 04:07

Me pe(メペ)フルーツ☆

日本は冬真っ只中で,こたつや中華まんが恋しいところでしょうが,こちらガーナは乾季で雨は12月から一度も降っていないし,最近は“ハマターン”といって,サハラ砂漠の砂や埃が雲をおおって,空は真っ白,空気も乾燥して,のどがカラカラな毎日です。

さて,2nd termが始まって,今タームは学期途中で帰国することもあり,今までの学校回りではなく,教育事務所(GES=Ghana Education Service)の人と一緒に先生向けのワークショップの開催を計画しており,毎日話し合いのためにGES通いをしています。

先週から話し合いはしているものの,“That’s GHANA!!!”なっかなか先に進まない…話があっちにいったりこっちにいったり…同僚が来れば雑談で中断,おなかがすけば机で食べ物を広げて食べ始める,それ以前に,進め方やタイムスケジュール,グループ分けの仕方など,意見の食い違いや考え方の違いも,けっこうあって,いやはや疲れます(^^;)

そんなわけで,ラストスパート!?の活動もまだまだ軌道に乗っていないので,何気ない“今日のガーナ”を紹介します♪

Me pe (メペ=I like)マンゴー☆
ガーナはAll season!フルーツが豊富ですが,今の時期は特にマンゴーが来てます!!写真右に山盛りになっているのがマンゴー☆日本じゃお高いでしょうに…(>_<)ガーナでは大きいものでも1GHC(約60円!安っ!)食い倒れして?帰るぞー(^^;)
f0204698_4201584.jpg


Me pe アブロベ(パイナップル)☆
パインもお一つ1GHC(約60円!安っ!)その他にも,奥に見えるのがオレンジ,中央がすいか,手前がリンゴだけど,これは輸入品だと思われます。
f0204698_4212375.jpg


フルーツ屋のおばちゃん♪
いつも行きつけ?のフルーツ屋さん(*^_^*)マンゴーもパインも,これまたキレイ☆に皮をむいてくれます!もう少しすると,アボガドが並び始めるので,これも楽しみ!!!ガーナではなぜかフルーツ扱い?です。これも食べまくっていきたい一品☆
f0204698_4222960.jpg


GES(配属先の教育事務所)にて
今日GESにいたら,大きなトラックが来て,“なにか?”と思いきや…
f0204698_4233070.jpg


そう,国の機関であるGESにだって,「水」はありません。「水」を買うのです。ここに見える1タンク15GHCだそうで,4つで60GHC(約3600円)。現地レベルでいえば,決して安いものではありません(>_<)しかも,タンクの水は川から汲んでくることもあるようで,水自体はタダ同然…運搬料や手間賃だけなら60GHCは,かなりの大金です!!エイッ!!
f0204698_4241516.jpg


GESのポリタンク
この黒いタンクは,ガーナに来れば,どこでも見かけることができます。でも,やっぱり,富裕層の一家に一個ある!というカンジ。ちなみに,Home stay先にはありません(>_<)これがあったら,もうちょっと楽(気持ちが)なのになぁ…。お一つ500GHC(約30000円)…ガーナの一般家庭にはちょっとキツイわけです。
f0204698_425568.jpg


最近の三部作☆
年末年始にまた,ガーナ布を大量購入していまいました(^^;)自分にぴったりサイズで,自分のデザインにしたドレスができあがるのは楽しいもので…失敗も考慮に入れつつ,多めにテーラーさんに預けています。しかし,派手さ感覚が麻痺しています…日本では着れないのかなぁ???(^^;)

①デザインブラウス
これは既製品(古着)を持っていって,それに多少,リボンをつけてとか何とか注文してできたブラウス☆ほぼイメージ通りで,大満足(*^_^*)これは着れる(日本で)…と思う!!仕立代はなんと5GHC(約300円!安っ!)
f0204698_4254829.jpg


②シンプルワンピース
このデザインは前にも紹介したものと一緒。気に入った布だったので,失敗したくない思いもあって,自分の持っているワンピースと同じものを作ってもらって大成功☆これって,やっぱり(日本では)派手ですか??仕立代はこれも5GHC!
f0204698_4263226.jpg


③マダムドレス
最近,教会に行く頻度が増えて,新しいドレスを新調したくなる病にかかっている私(^^;)しかも,ガーナ人ウケがいい☆こともあって,今回は,ガーナ人好みのド派手な布を購入!デザインは店内に吊してあるデザインポスターを参考に,これも手書きのデザイン画で注文!マダムドレスはガーナ人のセンス☆任せるのが一番!と思いつつも,どうなるか…心配だったけど,予想以上の仕上がり(*^_^*)これは日本では着れないか!?…でも,着れる機会を狙っていきます(^_-)/ 仕立代は7GHC(約420円!安っ!)
f0204698_4272722.jpg


ガーナ出発まで,本日1/26であと53日!!!
あと何回水が出て,あといくつガーナ服を作れるのでしょう??
ガーナ生活☆けっこう満喫しつつも,やりたいことはすべてやっていこう!と思う今日この頃なのでした(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-01-26 04:30

ママルースFamily☆

先週の土日には,Host familyのママルースおばあちゃんの親戚一同が集まりました。

なぜかといえば,残念にも,昨年,10人いる娘&息子のうちの一人が病気で亡くなり,日本でいう一周忌のようなものが行われたのです。

まず,ガーナでもお葬式はあるのですが,一周忌の法要のようなものもあることは,初めて知りました。

しかも,日本と違うのは,“一年を祝う”ということ。キリスト教のことが詳しく分からないので,何とも言えないのですが,通常なら,お葬式には“黒の衣服”を身に付けます。しかし,今回は結婚式やお祝いの席に着る“白の衣服”で皆集まっていました。

☆ガーナの民族衣装“お祝い用(男性)”
 モデル?はママルースおばあちゃんの弟さん。このような正式の会や催しには,男性はこうして布を巻いた衣装で来るのが伝統です。
f0204698_7522872.jpg


☆ガーナの民族衣装“お祝い用(女性)”
 女性の場合は,いわゆる,マダムドレスが主流。もっと伝統的になると,“ケンテ”という伝統的織物の布で作られたドレスになりますが,“ケンテ”は高値なので,今はこうした“プリント布地”で,ドレスを作っています。
f0204698_753578.jpg


☆テントとイス
 が,ガーナでは何かの催し,今回のように人がたくさん集まるような時には,必ず借り出されます。もっと大きなイベントになると,大音量のスピーカーがプラスされます(音楽をガンガンかけて,みんなで踊るため!お葬式でも踊ります。)なので,テントやイスなどのレンタル屋さんは大繁盛していると思われる…。テントの後ろが我が家です。
f0204698_7534449.jpg


☆Woman’s choir
 日曜日,ママルースFamilyとともに教会に行った後,その流れで教会の女性聖歌隊?らしき人たちがママルースを囲んで,賛美歌&お祈りをしてくれていました。…というより,右側でポーズをとる近所のおばあちゃんがカワイイ♪んです!!
f0204698_7552620.jpg


☆ママルースFamily!?
 10人も娘&息子がいると,その親戚筋も膨大なわけで, “私はママルースの孫なの”(本当か!?)といっていた人の中に,先ターム行っていた学校の先生がいたりしてビックリ!!たとえ,従兄弟にあたる人の“孫”でも,“孫”というので,だれがだれだか?…たいした会話もできませんが,同居させていただいている者として,挨拶がてら“思い出(カメラ)係”をすることにしました。
f0204698_756685.jpg


☆ママルースおばあちゃんと孫たち
 アクラに住んでいる一番下の息子さんの子ども,エロン(小2)とシェリー(小1)。ママルースもこのように“お祝い”を意味する“白い衣装”をまとっています。でも,やはり,当の本人は“お祝い”という気分になれないもの…と思うのですが。
f0204698_7564942.jpg


☆Jollof rice(ジョロフライス)
 おもてなし料理の一つ。第一位は“Fufu(フフ)”なのですが,Jollof は第2位にランクインするでしょうね。お餅をつくようなFufuは大勢だと量産できないので,そんなときはこのようなご飯ものがお祝いの席ではよく出されます。今日はBeefつき!豪華!
f0204698_7573531.jpg


☆ママルースFamilyと一緒に♪
 私も初めて会った人もたくさん!ママルースおばあちゃんにとっても,一家がそろうことなんて,めったにないだろうから,私もJoinして家族写真に仲間入りしました(*^_^*)
f0204698_758960.jpg


日曜日の夜には,たくさんのお客さん,ママルースの娘&息子一同も皆帰ったので,いつもの我が家に戻りました(^^;)

一時は人が多すぎて,しかも,お祈りが始まってしまって,自分の部屋に監禁状態!?で,アクラに避難しようか…とも思いましたが,お世話になっているママルースおばあちゃんの家族や親戚に会えてよかったな~と思った一日でした(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-01-21 08:00

2nd term start!!!

ガーナでもX'mas&New Year明けのお休みが終わり,2学期がスタートしています!

毎度のことながら,始まって1週間は先生が来ていなかったり,そうじや草刈りばかりしている様子もうかがえますが(^^;)私のHome SchoolのAdukrom Presby Primary Schoolの様子をレポートします!

ガーナの学校や教室,街並みすらも長く住むと,“ふつう”のことになってしまい,写真もそれほど撮っていなかったのですが,ガーナで“ふつう”のことも,日本から見たら“ふつうではない”ことも多いのだろうから(…その感覚がもはや無い),何気ない日常の写真でもバシバシ撮っていこう!と思う今日この頃です(*^_^*)

①学校へ続く道
左側に見える建物が小学校。ここはキリスト教系の複合施設の一部で,左のピンクの建物一体に,司祭の家&オフィス,小&中学校,幼稚園,給食用のキッチン,信者の家々が集まっています。ちなみに私の家はこの先を左に曲がって行くので,いつも通い慣れた道なのです♪
f0204698_853776.jpg


②Adukrom Presby Primary School
右側が手前から5年生,6年生,幼稚園の校舎。左の奥に見えるのが古い教会で,今が中学校の教室として使われています。ガーナのたいていの学校は,このように中庭があって,コの字型に教室が並んでいます。
f0204698_8535086.jpg


③水のバケツ
何度も話しているようにAdukrom(アデュクロム)には水道があっても,月に1,2度しか水が出ません。なので,子どもたちは(特に高学年)毎日,井戸や山を下った所にある湧き水から水を汲んできて,このバケツに溜め,この水で手を洗ったり,そうじに使ったりします。もちろん,足りない…といっていいでしょう(>_<)
f0204698_8542524.jpg


④購買のおばちゃん?
というと日本の高校の時の焼きそばパンやコロッケパンを売っていた“購買”を思い出しますが…そうではなく(^^;)ガーナでは休み時間は買い食いOKです。というのも,たぶん,朝ごはんを食べてこない子がいたり,飲み水も買って飲んだりするため,学校の近くには必ずこうしたお菓子やさん,給食の出ない学校だとごはんやさんがあります。
f0204698_855440.jpg


⑤P1(小学1年生)の教室
さて何の勉強をしているでしょう?黒板には“MATHEMATICS”とあるので,これは「算数」です。たぶん,図の仲間分けだとは思われるが…
f0204698_8555484.jpg


⑥P1の子どもたち
“can roll”と“can not roll”と書かれているので,転がるものと転がらないものに分ける勉強?うーーーん意味があるのか?ないのか?でも,みんな真剣に考えてます!
f0204698_8563767.jpg


⑦P1の教室の壁
この教室はガーナではかなりいいほうだと思います。こんなに掲示物が貼ってあって!真ん中のほうには,先学期作った私の教材も貼ってくれていましたー(*^_^*)
f0204698_8573553.jpg


⑧P2(小学2年生)の教室
ガーナでは1~3年生は,このように机をくっつけて,グループになって勉強していることが多いです。そして,先生の机は基本,教室の後方にあるようです。
f0204698_85824100.jpg


⑨子どもたちが使う教材
ガーナでは学校が用意するのは「教科書」だけ。子どもたちは鉛筆か青ボールペンとノートを持ってくるだけです。そんなんで,教材となる画用紙やペン,絵の具,定規なども学校が用意するわけでもなく,でも,子どもたちが持ってくるわけでもなく…なので,使えそうなもの,空き缶,空きビン,空き箱,ビンのふたなどの廃材を集めて,授業に使っているのです。
f0204698_8592887.jpg


⑩おしおき棒!?“ケーン”
ガーナでは,何かよくないことをしたとき(…といっても自分だけの事情じゃない時もあるけど),例えば,爪が伸びすぎているとき,制服にアイロンがかけられていないとき,髪が伸びすぎているとき(男子も女子も“坊主”が基本!),集金を持ってこなかったとき,はたまた,授業中,答えを間違えたりしても,この“ケーン”とよばれる木の棒で容赦なく叩かれてしまうのです…(>_<) あぁ…怖。。。
f0204698_90594.jpg
 

ガーナ生活もあと残りわずか2ヶ月とちょっと…早っつ!
これからは何気ない日常もどんどんレポートしていきますねー♪
自分の思い出づくりのためにも(*^_^*)
[PR]

by meke7424 | 2011-01-16 09:02