ガーナでスマイル☆


ガーナでは協力隊員、日本では地元宮城@石巻で小学校教員、今はバンコクで小学校の先生をしています。今の私があるのも、ガーナでの経験があったからこそ。タイトルはそのままにしておきます(*^_^*)
by meke7424
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2009年 10月 ( 3 )   > この月の画像一覧


Let’s enjoy mathematics!!!

 インフルエンザは依然として猛威を振るっているのでしょうか?引き続き,予防!&免疫力up!に努めてください!そして,楽天(日ハム戦)の敗戦で宮城県民はさらにダメージを受けている!と聞きました…惜しかったんですね。情報のご提供ありがとうございます(*^_^*)
 さて,私は早くも4ヶ月が経過しました!学校が始まってから,あっという間でした!First term(9/15~12/17)は配属先の教育事務所と相談して,3つの学校を回って4年生に算数を教えています。
 月&火はAdukrom(アデュクロム) Methodist(メタディスト) Primary(小学校)A&B(1学年2クラス持っているということ)。制服は黄色。ここは中学校や特別支援(Special Education)も併設されているマンモス校。小学校4年生以上はなんと教科担任制!進んでいます!
f0204698_094787.jpg


 水はNifa(ニファ) Primary。制服はやまぶき色のシャツに茶色のスカートかズボン。これは休み時間の様子。男の子はサッカー。女の子は“アンペ”というリズム遊びに夢中です。
f0204698_0103154.jpg


 木&金はAdukrom Presby(プレズビー) Primary A&B。制服は青。私の家から一番近い。朝の会後,6年生のドラムマーチに合わせて,行進しながら教室に入っていきます。
f0204698_011984.jpg


 今学期はひとまず,英語が伝わらないながらも,簡単なたし算の復習や,練習問題にじっくり時間をかけてやりつつ…。60人もいるので,はっきり言って,できる子には退屈な授業だったと思います。中には,1+□=10の意味が分からず,指を使ってやっても,「1とあといくつで,10?」が数えられず,自分の指も見ずに,当てずっぽうで,5?6?7?みたいに答えてしまいます。おーーーっ!!と思いましたが,授業中はカンニングがあたりまえ,先生は黒板に答えを書いて終わり…のガーナ式授業なら,数の概念や量感がない子がいても,仕方がないのかなぁと苦しくなりました…(>_<)

ある日の授業風景①
f0204698_012560.jpg

 授業の一番始めには,簡単なたし算やひき算をノートに書いて,それをペラペラめくって,次々に答えさせています。でも,なかなか自力では答えられない子もいます。それはなぜかと言えば,周りのだれかがいつも答えを教えくれるから…一人で解いたことがないのです。だから,できない子はいつも,キョロキョロしていて,だれかが答えを言ってくれるのを待っています。簡単な計算ぐらいは,自分でできるようにさせたい,だれかに頼らなくてもできるはずだから…と思うのですが。…克服すべき難題です!

ある日授業風景②
f0204698_0125136.jpg

 これは,ひき算の勉強です。4年生ですが,1年生でやるような内容ができません。例えば,13-9。子どもたちは毎回,右上のような棒を書いて,答えを導き出します。一本一本数えながら13本書き,またさらに1から9までを一本一本数えます。その後も,私から見たら,答えは一目瞭然なのですが,残りをまた一から1,2,3,4と数えます…おわかりのように時間がかかる!!それで,日本的に,まず,10から9を引いて1。それに残りの3を足して4!と教えたのですが,意味がない…というぐらいできませんでした。なぜ,できないか…といえば,これも,先生が「解き方」ではなく「答え」をすぐに教えてしまうからです。答えさえ,ノートに書いてあれば「正解」なのです…これも難題!

ある日の黒板!?
f0204698_0143863.jpg

f0204698_0151184.jpg

 今日行った学校では,学校は始まって早1ヶ月経ったというのに,今頃「学校のきまり」的なものが後ろの黒板に書かれていました。読めますか?中学生以上の皆さんは,ぜひ,日本語訳にトライしてみてください!簡単な英語ですから。…しかし,一つ目に「教室の中で食べてはいけない」って(>_<) 二つ目に「学校の中で,ケンカしてはいけない」って。書かなくても分かるだろーーー!?と思うようなことが書いてあります。…そう,平気でやってしまうからです。ガーナの子どもたちは,ルールが守れません。守るのは,先生が叩くとき。「ケーン」という棒で叩かれるのが怖いがために,先生がいる前では,一応守っていますが,なにせ60人もいるので,先生の目が届くはずがなく,常に無法地帯です。日本でいう「あたりまえのこと」ができない。これも私にとっては難題です。
 
 実際に教えてみて,算数を教えるというよりは,「ルールを守ること」や「自分で学ぶこと」の大切さを教えなくてはいけないのでは…と思う日もあります。算数にしても,自分の行動にしても,「自分」で考えてやったことがないので,何が正しくて,何がいけないのかが判断できないのです。正しいのは「ケーン」で叩かれないこと,たとえ,正しいことでも,先生が「ケーン」で叩いてしまえば,それはいけないことなのです。算数の答えも,自力でやって間違えて「ケーン」で叩かれるよりは,できた子の答えをこっそり見て,丸をもらったほうが断然賢いのです…。先生も見て見ぬふりだし…。算数を教えるのもですが,教えること自体に難しさを感じています…(>_<)
[PR]

by meke7424 | 2009-10-27 00:25

ガーナの小学校をご紹介♪

 あ~暑い!(>_<)10月だというのに,ますます暑くなっているなんて!!体がJapanese Timeなので,体がこの暑さを受け入れていない感じがします!
 さて,学校が新学期を迎えてから,3週目に突入しています。1週間目は先生や子どもが来ていても,どこも何もしていなかったので,実際には学校に行き始めてから2週目です。
ガーナの学校は3学期制らしく,First term(1学期)は9/15~12/17,年末年始の休みがあって,Second term(2学期)が1月上旬~4月下旬?数週間の休みがあって,Third term(3学期)が5月中旬から7月末で1年が終了するようです。
 不思議なのが,小学校は日本と同じで6年制ですが,3年生のクラスに,どう見ても6年生ぐらいの子がいたり,低学年のクラスに,どう見ても幼稚園児だろう!?という子が平気で座っていたりします。どうやら日本のように,12歳だから6年生というわけではなく,家庭の事情で入学が遅れる場合も多く,各学年は年齢がバラバラの子どもたちで構成されています。でも,微笑ましいのが,同じクラスの中でも,年上の子は自ら年下の子の面倒を見てあげたり,ノートを配ってあげたりしていました。いいですね~なんか!(*^_^*)
 今日はざっと,ガーナの小学校について紹介します♪
①校舎 土とレンガでできています。ほとんどが1階建てで,窓とドアがあるだけ,しかもドアはガラスではなく,土壁がくり抜かれているだけで,雨の日は暗く感じます。もちろん,電気はありません。
f0204698_01441100.jpg

②教室 こちらは小学4年生の教室。机とイスがセットになっているところに,2人または3人で座ります。棚やロッカー,先生の机すらないところもあります。
f0204698_0152899.jpg
 
③黒板 デカイ!!黒く塗られた木の板がドーン!とあるだけです。よーく見るとデコボコしていて書きづらい。チョークは白のみありますが,すぐに折れてしまいます。
f0204698_0161072.jpg

④朝の会? こちらは1年生のクラス。こんなに子どもたちがあふれています(>_<)
f0204698_0165118.jpg

⑤授業風景 こちらは4年生のクラス。ガーナでは小学生でも制服があります。先生はひたすら黒板に説明を書きまくります!!子どもはただそれをノートに書き写します…。ただそれだけ…。
f0204698_0173168.jpg

 一番困ったのは,やはり一クラスの人数!!ざっと50~60人います。そして,とにかく紙がないこと。先生がよく使う画用紙や模造紙,コピー用紙といった授業で使うようなアイテムが全くありません。これらはアクラにある文房具専門店じゃないと買えません。先生のアイテムといえば,“チョーク1本”ということになります。
 子どもは…といえば,“ノート1冊と青色のボールペンを1本”持ってくるだけです。中には,何も持ってこない子もいます。正確に言えば,持って来れないのです。家が貧しく,本当なら親が用意すべきノートやペンが買えないのです…。

 日本とはまったく違う環境で,自分にどこまでできるのか!?毎日試行錯誤ではありますが,ガーナの子どもたちのきらきらした瞳に!笑顔!を見ると,何とかしてやるぞーーー!っという気になります。がんばりまっす!!!

追伸 インフルエンザの流行で,学級閉鎖になったり,行事が中止になったりしているとのことを聞きました。とても心配しています。十分に休み,いっぱい栄養をとって,早く元気になりますように!&がっちり予防してくださいね!「笑い」は免疫力アップに効果的ですからね!”スマイル”も大切に!!
[PR]

by meke7424 | 2009-10-08 00:19

祝☆100日目(*^_^*)

 2009年9月30日,今日でガーナに来て100日目を迎えました。昨日,新隊員がアクラに到着したそうで(青年海外協力隊は年に4回,3ヶ月おきに帰国隊員と新隊員が入れ替わります)一つ先輩隊員になったわけです。とはいえ,この3ヶ月間,学校が休みだったので,たいしてやることもなく(*_*)協力隊らしい活動がほとんどお伝えできなかったのが,残念ではありますが。

 でも,3ヶ月経って,“心境の変化”だなぁ~と思えるのは,“慣れた”ということです。始めは,水はない!蚊は怖い!言葉は通じない!などなど…あらゆる物がそろう日本から一変!果たして生活していけるのか!?と不安でしたが,慣れるもんですね~これが!!!

①“節水必死生活”に慣れた!!
 相変わらず,我が町アデュクロムは月に1,2度しか水道から水が出ません。出ないときはドラム缶に貯めている水を持ってくるか,または井戸からお手伝いの少年ゲルヴィッツくんが汲んできてくれます。毎日バケツ一杯でも,家中の水が無くなりそうな時には申し訳なくなりますが,本当にありがたいです。前にも話しましたが,“バケツ一杯の水攻略法”はまず,顔,頭,体の順で洗い(水は最小限!),最後にコップのような小さい容器に水を入れて,大事に大事に流します。一気に流すなんて,もってのほか!残りは洗濯(数は限られます!)か,トイレ用に使うというわけです。

②“ガーナ食”に慣れた!!
 日本食と言えば,数限りなくありますが,ガーナ食の種類が限られています。
1 フーフー(イモベースのお餅みたいなもの)
f0204698_035161.jpg

2 バンクー(トウモロコシの粉を練って発酵させたもの)
f0204698_036534.jpg
 
3 ライスwithシチュー(ライスの種類は3種類のみ) 
 ・ジョロフライス(トマトソースで炊いたピラフみたいなもの)
 ・プレーンライス(白いごはんにトマトソースをかけて食べる)
 ・ワチェ(豆と一緒に炊いたごはんに,またまたトマトソースをかけて食べる)
f0204698_0452189.jpg

4 アンペシ(煮たイモなどに,おなじみのトマトソースなどをかけて食べる)
f0204698_0382393.jpg

 ざっとこんなもんです。ホームスティなので,夕飯はほぼ毎日フーフーが出ます。飽きますが,究極にお腹がすいているので,美味しいです。そして,最近の楽しみが,これらのローカルフードを,昼に買って食べることです!だいたい20ペセワ(約14円!)から一食分で売っていて,それに卵を付けたり,キャベツのせん切りを付けたりして,1セディ(約70円)弱で食べれるので,一人でいろんな屋台を見つけては,主にプレーンライスを食べています!お店によって,若干シチュー(と言ってもトマトソース)の味が異なるので,どこが美味しいか,食べ比べしている!というわけです。

③“ガーナ人”に慣れた!!
 これが“旅行”とは違う,“3ヶ月滞在”してみて得たものかもしれませんね。始めは英語なのか現地語(チュイ語)なのかも分からず,あいさつするのも苦痛でしたが,このガーナ人のあいさつ好き!に助けられた気もします。毎日,同じ会話をしているのに,現地語だと毎日大喜び,大歓迎なわけです。大抵が“おはよう→元気?→どこへ行くの?→また来い!”という流れで,目の前でこの会話が終了しても,隣にいた人も同じことを聞いてきます(^^;)そんなもんなので,家にすんなりとは帰れません。現地語を話すのが物珍しいのか,こうして道端で会った人の家に招かれたりもしました。あとは,チュイ語であいさつしただけで,オレンジやビスケットをゲットできた日もあり,ラッキーでした(*^_^*)
f0204698_0391580.jpg

 そんなわけで,ガーナでの“生活に慣れる”ためには,まさに3ヶ月かかった…と言ってよいでしょう。始めは「あれがあったらな…」「これも欲しい…」と,アクラでそろう物なら,買いたい!という気持ちがありましたが,ホームスティでガーナ人と一緒に暮らすと,「まぁ,無くてもなんとかなるか…」というあきらめの境地に至ってしまいます。

 こうなると,次のステップは“活動”かな…と。ようやく,学校での授業もスタートし,日本との違いや問題点が見えてきました!ここからが“いざ本番!”英語は未だにうまく話せませんが,自分に何ができるか,よ~く考えながら,もっともっと,ガーナでの生活になじんでいけたら!!と思います(^^)/
f0204698_0425212.jpg

 最後に,我が町アデュクロムの町を。雨季から乾季に変わり始めているのか,暑くなり,曇り空よりも青空が多くなってきました。日本の“秋”が恋しいですね~♪
f0204698_0434853.jpg

[PR]

by meke7424 | 2009-10-01 00:48